モンスト エデン 攻略記録

前回の封印の玉楼で、失敗回数が二桁行きました。

50回は行ってないと思いますが。

でも、20回以上は挑戦しましたね。

 

そのおかげで、今回は10回以内で攻略出来ました。

攻略パーティーは、順番に、

ツクヨミ、飛影、ツクヨミ、フレンドはサタン」です。

このパーティ編成だと、比較的に安定して攻略できるようになりました。

 

初手から、非常に緊張します。一歩間違えたら、即失敗する可能性が高いですから。

youtuberのぺんぺんさんの攻略動画が3つほどあるのですが

数回みて、それを頭に叩き込みました。

 

飛影が若干特殊ですが、飛影の友情が目玉を倒すのに便利なんですよね。

 

攻略する上のポイント

どのタイミングで、SSを使うのか。(経験

サタンで、攻め過ぎると、相手のターン調整が難しい。(経験

どのラインで攻めるか。(これは攻略動画が把握可能)

 

まとめ

やはり、攻略を安定させるには、

正しい認識をもってダンジョンに挑戦して、自分のやり方を固めることが大事ですね。

 

再現不可能なことを何度も試すのは運の要素が強すぎるので、やめたほうがいいです。

自分にできそうなことをしっかり練習することで、攻略の確率が上がりますね。

それを実感できると非常に嬉しいです。

 

AI自動着色ソフトがすごすぎて、AIに依存する時代。

 

PaintsChainer

 

もうすごすぎます。2017年の1月にしてこのスピードとなると

これからどうなっていくのか、恐ろしいですね。

 

技術は指数関数的に発達していくといいますが、

まさに、私の個人的な実感として、感じますね。

 

試してない人は、とりあえず落書きでいいので試してみてください。

自動で絵を着色してくれます。それも数秒で処理してくれます。

 

この技術は本当に凄いですね。

時代が追いついたという感覚です。

 

アシスタントが食いっぱぐれる時代?

もう、アシスタントさんも、大変ですね。

言われた通り仕事をする価値は、どんどん低下していきます。

自分だけのスキルがないと食っていけない時代は、もうすでに来ています。

 

簡単には、食べていけなくなるかもしれませんね。

同人活動のあり方も変わってきますね。工夫しないとなーー。

 

本当にAIが仕事を代替していってますね。

今まで塗りの作業は、結構な負担でしたけど

このソフトがあれば、一瞬ですからね。

 

本当に技術は人のライフスタイルを変えますね。

 

AIに依存する時代

依存っていうと悪いイメージがありますけど

それぐらいのインパクトですよね。

AIのソフトに沿った描き方になってくるでしょうね。

 

まぁ、それがまた仕事になるんでしょう。

いい時代になりましたね。

 

PS 集団知 ある程度のコツは必要 (2017/02/01

ただ、色々検証してみると、結構、薄ピンクがメインの配色として

比率を占めていますね。

また、ツイッターで、色の修正方法についての知見もあって

非常に盛り上がってますね!

 

今後は、このAIソフトの自動着色がきれいに乗りやすい描き方とかが流行になるかも

 ですね。

AIソフトに考慮した描き方になってくる。

「昨日の常識は、今日の非常識。」ですね。 

 

 

 ただ、もうちょっと任意な色の指定のヒントは

公式からの情報として欲しかったですね。

まぁ、公式が「エンドユーザたちで工夫しろ」っていうことなんでしょうけど。

 

例えば、Tシャツや服の色を、青色にしたいとなったら

ちょっとコツが必要だったりします。そういう集団知も集まるといいですね。

 

凄いなあと思うのが、イラストを描くひとたちの熱量ですね。

やっぱり、クリエイティブな人は、工夫するのが前提条件ですから

努力するのが当たり前なんですね。変えていくのが当たり前。見習いたいです。

 

 

 

 

HTMLテーブル作成回避、google spread sheet で、ファイルの形式を指定してダウンロードが便利。

HTMLテーブル作成って面倒ですよね。

google spread sheet で、ファイルの形式を指定してダウンロードが便利なんですよね。

ただ、意図しないバグとして

 ABCDE

5 

みたいなのが出るんですよね。

 

一時的な対処療法として

ソースコードから、検索かけて消去しました。

その部分を選択して、非表示にしたいんですけどね。

 

/div と /thの直前にありました。

 

Excelで、文字が重なる。 問題

 

Excelで、文字が重なる問題発生。

ヒトメだと、メモリ不足が原因な気がしますが。

 

ちょっと、わかりません。

グーグル検索しにくい現象です。

 

モニターの問題なのか。(モニター設定の問題なのか)

接触の問題なのか。

デスクトップの問題なのか。

ソフトの問題なのか。

ユーザの使い方の問題なのか。


または、AとBの複合的な問題なのか。

HTML/CSS 「border outline の違い」

この違いが、結構、動作に大きな変化を生み出します。

borderプロパティで、実装しようとすると

ズレが生まれてしまいます。

 

これを解決するのが、outlineです。

クイックHTMLで調べると、上下左右の概念がないと説明されています。

ただ、若干説明不足です。

 

他のsiteをグーグル検索しました。すると良い解説のサイトが見つかりました。

このoutlineの説明は、このsiteが優秀なのでシェアします。

www.btvm.ne.jp

この違いが、めちゃくちゃ大事です。

これから、動的なsite開発をする人には、必須知識かもしれませんね。

 

PS

「知っていると知らないの違いは大きい」

これからの時代、優秀じゃないと、簡単に切り捨てらるかもしれないと思うと。。。

やはり、勉強していかないといけないですねぇ。

環境は、気づかないうちに、変化しているかもしれないですからねぇ。

今までは、大丈夫だったのも、急に業績悪化や、クビになる可能性もzeroではありませんから。。。

 

正しい方向性で、正しく努力していきたいですね。

javascript three.js

three.js - Javascript 3D library

 

googleが作成した、ルービックキューブのsiteなどの

まとめサイトですね。

 

 

歌詞によるアーティスト類似ビジュアライズ「Artist Clustering」

 

非常に、面白い発想だと思います。UIも、すげぇ未来的でカッコいい。